VR Therapeutics

- VRで、ひとが持つ力を、引き出し、高め、拡張する -

BiPSEEのアプローチは、心療内科医としての臨床経験が基盤です。
ひとりひとりと向き合い続けることで見えてきた真実があります。
自分の感情や考え方から距離を置くことが、根本的な回復に繋がること。
その実践は、既存の治療だけでは、とても難しいということ。

「解」を模索する中、VRという可能性に出会いました。
VRは、デザインされた環境の中で、本質的な体験をもたらしてくれます。
視点を自由に転換でき、自分を客観視することができるのです。

BiPSEEは、科学的な根拠を大切に、ひとりひとりに寄り添うVR Therapeuticsを創造します。


BiPSEEとは、心療内科が根ざす心身医学モデル、Bio-Psycho-Social-Eco-Ethical Modelを表しています。
Bio(身体そのもの)、Psycho(心の状態)、Social (社会的な要素)、Eco(環境)、Ethical(倫理的な側面、特に医師との信頼関係)の全てを大切に治療を進めるというモデルです。

Business & Products

BiPSEE Rumination

失敗からの学びを活かすことは、有意義で前向きな行動です。
一方「なぜあのタイミングで、なぜ私に起きたのだろう」といった答えのない問は、前向きな行動にはつながらず、抑うつや不安の原因にもなってしまいます。
このネガティブなグルグル思考を、反すう(Rumination)と言います。
BiPSEE Ruminationは、第三世代認知行動療法等を基盤に、反すうの背景にある感情や考え方と距離を置くことをサポートするVRのアプローチです。
現在、臨床研究を行っており、研究機関との連携を進め、医療機器承認を実現していきます。

play video

BiPSEE Kids (BiPSEE医療XR)

「怖くない、痛くない治療」の実現をサポートする、こどものためのAR VRです。
現実の世界から段階的にAR VRへと環境が変化することで、こどもたちの「想像を楽しむ力」を引き出します。
圧倒的な没入感で、医療的処置から気をそらすことができ、不安や痛みを軽減します。
目に優しい2D(平面)のコンテンツで、こどもたちの頑張る力を引き出します。

play video


こどもの安全に対する当社の取り組みについては
こどものVR利用に関する安全性への配慮をご覧ください。

m3.com - AIラボ 定期連載 

Articles

Team

松村 雅代, MBA, MD

代表取締役, Chief Executive Officer

小松 尚平, ME

Chief Product Officer

石田 ゆい歩, ME

Chief Engineer